冷湿布と温湿布。今の自分にはどっちを使えばいいかわかりますか?

冷湿布と温湿布。今の自分にはどっちを使えばいいかわかりますか?

投稿日
2017年6月12日 (最終更新:2017年11月17日)
カテゴリ
こんな症状で困っていませんか?

 

 

 

 

「先生!家に湿布いっぱいあんねんけどどっち貼ったらいいの!」

 

枚方 いつ整骨院の五月女です。

WS000212

この質問は週に1回ぐらい聞かれます。

 

 

 

確かに自分が痛い、つらい時はすごく気になりますよね。

今回はいざという時のために

「湿布の使い方」

についてお伝えしていきます!

 

まずは冷湿布についてです。

特徴

ヒンヤリする 白くて厚みがある 病院に行くといっぱいこれをくれる。

冷湿布は炎症の鎮痛効果やメントールなどの成分で皮膚に「冷たい」という感覚を出してくれます。

これにより脳が冷たいから気持ちいいと思い、「痛みの感覚」を和らげます。

 

次は温湿布です

貼った時はそんなに温かくない 長く貼るとヒリヒリする 冬場はすごく気持ちがいい

温湿布も炎症の鎮痛効果はあります。トウガラシやカプサイシンの成分が入っているので

皮膚が温かく感じます。ヒリヒリするのは汗を書いた時に一番感じます。

固くなった筋肉に「温かい」という感覚をだします。

これにより血液循環が促進され「緊張の緩和」を起こします。

 

それぞれに特徴があるので使い分けることができます。

 

これも簡単に説明しますと、

頭痛・顎関節症・肩こり・坐骨神経痛・足底筋膜炎など症状問わずに

 

冷湿布→最近痛めた、熱を持っている

温湿布→ずっとダル痛い、固くなっている

 

で使い分けてください。

 

ただ知っておいて欲しいのが両方とも

冷たい・温かいと「感じる」ものです。

実際に冷やすなら氷を使ったアイシングです。

身体を温めるなら入浴などが効果的です。

 

湿布は原因を治すものではありません

ただ辛い時にはあると助かりますよね。

なので使う目安は

 

頭痛・顎関節症・肩こり・坐骨神経痛・足底筋膜炎など症状問わずに

 

冷湿布→最近痛めた、熱を持っている

温湿布→ずっとダル痛い、固くなっている患部

 

になります。

 

この目安を周りの人に教えてあげてくださいね!

 

次回は

まだまだある!湿布の種類と注意事項!

をお楽しみにしていてください(*^^)v

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加