顎関節症の疑問にお答えしています

顎関節症の疑問にお答えしています

投稿日
2017年11月29日 (最終更新:2017年11月29日)
カテゴリ
こんな症状で困っていませんか?

 

枚方いつ整骨院の岡田です!

ブログを見ていただきありがとうございます。

 

今回は当院に多く来院されている

「顎関節症」についてです。

なるべく専門用語を控えて説明しますね。

なぜ「アゴ」が痛くなるの?

 

 

 

 

実は当院に顎関節症で来院される方は、「なぜ痛いのか」に詳しい方が多いです。

痛くなる要因をネット検索などで調べられているからなんです。

なぜ「あごが痛いのか?」

・頭や首の筋肉が固くなっている

・頭蓋骨や首の骨が歪んで関節が固い

まとめるとこのような要因です。

このような情報は溢れかえっているのでここまでにします。

要因は分かっているのに、なぜ困っている方が多いのか?

それは最初から自分でケアをしてしまうからです。

顎が痛くて調べた結果、「筋肉や関節が固い!それなら柔らかくなる事をしよう」

と思うのは当然ですよね。

 

通販でマウスピースを買って寝る前に着けてみる

・アゴ周りのマッサージや口を開ける体操をしてみる

・痛み止めや筋肉が柔らかくなる薬を飲んで効果が出るのを待つ

 

すごく痛いと早くなんとかしたいですよね。

でも筋肉や関節の固さだけが原因なら上記の方法で、なんらかの症状の緩和が見られるはずです。

 

ぜひ知ってほしい顎関節症のお話

 

顎が痛いのは、頭や首回りの筋肉や関節が固くなっているからなんですが、

大事なのはなぜ固くなっているかなんです。

その原因は人によって様々です。

1つの考え方として下の写真をみてください。

青色に塗られているのは「筋膜」というもので足先から頭まで繋がっています。

kinmaku2

そして顎関節症でお困りの方は、足の親指の付け根がボコって出ている方が多いんです。

筋膜は足から頭まで繋がっているので、親指の変形が筋膜の異常を出している事になりますよね。

だからこのような場合は顎関節症改善のためにから施術していきます。

なんとなくイメージは沸くでしょうか?

 

 

もしアゴが痛くて足の指が出ている方は、足先から温めて柔らかくしてみてくださいね!

 

来週はさらに詳しく顎関節症についてお話していきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

枚方いつ整骨院

整体師 岡田 修司

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加