顎関節症について

顎関節症について

投稿日
2017年6月21日 (最終更新:2017年11月17日)
カテゴリ
顎関節症

枚方 いつ整骨院の五月女です!

 

顎関節症で困っていませんか?

gf01a201502181300

この症状は自分で気づいていてもガマンされている方が多いです。

もしかして顎関節症かな?と思われている方の共通点は

口を開けようとしても大きく開けれない

☑ムリに開けようとすると左右どちらかの顎が痛い

☑やわらかい物でも噛むと痛くて食べにくい

☑噛んだりすると顎がパキッ、ミシッと音がする

☑顔が歪んでいると言われる

☑口を開けれないので大好物を好きなように食べれない

☑外反母趾がある

以上になります。

あなたは思い当たるものがありましたか?

これは実際に顎関節症で来られた方の共通する意見です。

顎関節症とは簡単に説明すると

物を噛んだり、口を開けたり閉じたりする時に使う筋肉や関節が痛い 動きの制限がある。

咀嚼筋や顎関節に問題が起きている事です。

痛みや動きに制限がある方がされる対処法で多いのが

・柔らかい物や痛くない範囲での動きでガマンする

・顎や首回りをマッサージする

・歯医者でマウスピースを作ってもらう

がとても多いです。

しかし以上の事をしても顎関節症がなかなか改善しないと聞きます。

それは顎関節症は顎だけの問題ではないからです。

自律神経の乱れ、内臓疲労、筋力低下、歩行の異常からくる歪み、そして頸椎のズレ

このような条件が重なって顎関節症がなかなか改善しにくい状態になります。

・柔らかい物や痛くない範囲での動きでガマンする

・顎や首回りをマッサージする

・歯医者でマウスピースを作ってもらう

 

先ほどもお伝えした実際にこのような対処法で症状を抑えている方もおられます。

この対処法で改善の兆しが見えない方へ

睡眠時間は取れていますか?

夏でも身体が冷える環境ではないですか?

外食や偏った食事になっていませんか?

まずはご自身のストレスに気づくとこからが顎関節症改善の第一歩です。

次回はさらにお困りの方へ詳しく説明いたしますね。

 

※ 文章だけではわかりにくい、直接相談したいという方はお気軽にご連絡ください

電話、メール、メッセージでの問い合わせは無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加